本文へスキップ

  
  皆様の負けない心と立ち向かう勇気を全力で応援します!

山口県最安値を目指す!

  探偵社 全 力  






 離婚時の注意点    



@離婚事由(原因)


民法の定める離婚事由(原因)については下記の5つの要件が必要となります。

@配偶者に不貞行為があった場合
A配偶者から悪意を持って遺棄された場合
B配偶者の生死が3年以上不明である場合
C配偶者が強度の精神病を患い、回復の見込みがない場合
D婚姻を継続しがたい重大な事由がある場合

特に探偵社が関わる内容としては配偶者の方への浮気の事実確認ですが、浮気の程度についても判例で定められており、配偶者による異性との性的交渉を伴う継続的な交際と司法上判断される場合には@に掲げる配偶者の不貞行為と見なされ、立派な離婚事由に該当致します。

ここで重要なポイントがあり、まず配偶者様の異性との性的交渉を伴う証拠を掴む為にはファッションホテルにて30分以上ご利用されたという証拠写真またはビジネスホテルやご自宅にて朝まで浮気相手の異性との宿泊事実を示す証拠写真、浮気相手の異性との宿泊を兼ねた旅行の証拠写真等が必要になります。

また、配偶者様の不貞行為が複数回行われている事実を示す証拠写真も必要となりますので、一般の方による証拠収集は体力的にも精神的にもかなり厳しいものであるといえます。



A裁判等による離婚の重要ポイント


司法の介入を求め、有責配偶者様への慰謝料や養育費などの正当な請求を行うに当り、配偶者様の不貞行為を立証する証拠写真等の資料を調停または提訴されるご自身にて事前に用意されなければなりません。

また、状況証拠なしに司法の介入を求めたとしてもなかなか満足のいく慰謝料や養育費などのご請求のみならず、離婚事由でさえ危ぶまれる可能性がありますのでご注意されて下さい。




B協議による離婚の重要ポイント


協議による離婚をされる場合には特に注意が必要になり、必ず双方の記名及び押印のある書面にて協議書を作成されていないと実際に慰謝料や養育費などの支払いが滞った場合に、そんな事は最初から言っていませんなどの言った言わないという事では埒が明かない状況に陥る可能性が非常に高くなります。

なお、手数料が数万円程度発生致しますが、公証人役場にて強制執行付き公正証書を事前に作成していれば、いざ元配偶者様からの慰謝料や養育費などの入金が滞った場合でも、改めて裁判を行わなくても給料差押え等の強制執行を行う事も可能ですので、非常に強い味方となってくれる事でしょう。







 

探偵社全力


 探偵業届出番号
 (山口県公安委員会)

第74160007号


〒755-0058
山口県宇部市大字
中山1139番地14


TEL:

0836-31-7800






 
探偵社全力は創業10周年
正義の名の下に今日もどこかの街で人知れず、名もなきしがない探偵が奮闘中。

10周年記念キャンペーン
創業10周年記念キャンペーンとして
大幅値下げ致します。

時間無制限特割プラン採用
ご契約調査時間を超える高額な延長料金に不安を隠せない皆様は弊社独自の時間無制限プランが断然お得です。

着手金制にご協力下さい
調査時における高額な必要経費が発生する為、調査料金の半額前払いとなる着手金制にご協力をお願い致します。

完全予約制にご協力下さい
非常に多忙の為、事前に必ず電話や無料ご相談コーナーにてご予約をお願い致します。

ご紹介キャンペーン実施
ご成約時に限り、ご紹介者様へ御礼として1万円お振込み致します。













〜オヤジ探偵の独り言〜
 しがないオヤジ探偵の私が綴る
 何気ない日常のブログ